プロデューサーレターVol.4を公開しました!

2020年2月19日 (水)

  • プロデューサーレターVol.4を公開しました!
プロデューサーレターVol.4
『ラクガキ キングダム』プロデューサーより皆さまへメッセージです。

「ラクガキ キングダム」を楽しみにお待ちいただいている皆さまにお詫びとご報告を申し上げます。
こんにちは、プロデューサーの下里です。


既に公式サイトにてお伝えしましたように、配信のスケジュールを2020年初夏に延期させていただきました。 本作をお待ちいただいている皆さまには、当初の予定から延期になりましたことを深くお詫びいたします。


当初公表させていただいておりました予定から今回2020年初夏配信延期に至った経緯を少しお話させてください。


本作は、
「ラクガキが描ける人、描けない人全てのプレイヤーが楽しめるゲームの実現!」
というのがメインコンセプトです。


どうしてこのようなコンセプトを掲げたかというと
2002年にPlayStation 2で発売された「ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国」をプレイした私自身が絵心がないため思うようにラクガキを描けず挫折したからです。


今作では、少しでも多くのユーザーの方がラクガキを描いて楽しめるように
また、たとえ描けなくても別の遊び方で楽しめるようなゲームにしたいという思いがあります。


それを実現するため、サービスインまでにクローズドβテストや内部テストを繰り返しながら、多くの意見や要望を集めて、開発に反映してきましたが当初予定していたスケジュールでは、目標としていたクオリティーに達するにはもう少し期間を要するという開発チームの判断に至り、配信を2020年初夏に延期させていただくことになりました。


ではどの要素を改修していくかという点をもう少しお話させていただきます。
大きな改修部分としては下記となります。


1.ラクガキシステム

  • 全コマンドが実装された「こだわりモード」と必要最低限のコマンドに簡略した「さくっとモード」のクオリティーアップ
  • 各コマンドの使い方やテクニックが理解出来る「説明動画」の作成
  • 初めての方でもラクガキが描けるチュートリアルモードの充実

2.育成システム

  • 100回プレイしたら100通りのラクガキを育成出来るだけでなく育成の過程において、感情移入出来るシナリオのクオリティーアップと成長を実感出来るシステムの実装。

3.バトルシステム

  • 戦略性がありながらテンポ感と爽快感を感じられる、演出、カメラ、UI周りの改修

4.自分のラクガキを愛でられるシステム「アトリエ」の拡充

  • 当初予定になかったラクガキのモーション追加やフレンド同士のコミニュケーション機能の追加等々
    ラクガキを強くしたいというモチベーションよりもラクガキをペット化して愛でたいというプレイヤーの受け皿となる要素の充実

これ以外にも細かい部分での改修をおこない、皆さまにお届け出来ればと思います。

そして、改修が完了したら、ゲームを一通りプレイできるVerでクローズドβテスト2回目を行わせていただく予定です。


詳細につきましては3月中に再度ご連絡させていただきます。
それまで楽しみに続報をお待ちいただけますと幸いです。


この度はこのようなご報告となり重ねてお詫びします。
ラクキンチーム一同、サービスインに向けて最善を尽くしてまいりますので今後とも、「ラクガキ キングダム」をよろしくお願いいたします。


2020年2月19日
「ラクガキ キングダム」プロデューサー
下里陽一

プロデューサーレターVol.4を公開しました!
トップへ